<トップへ戻る

  • 岐阜県 中津川市付知峡●詳細データ   http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/branch/tsukechi/post-13.html 付知峡には森林浴にぴったりの場所として遊歩道を散策できる「付知峡不動公園」が整備されています。マイナスイオンを胸一杯に吸い込める落差14mの仙樽(せんだる)滝や7mの不動滝を吊り橋を渡りながら楽しめるコースが人気です。
    お問合せ先:岐阜県中津川市
    担当課:付知総合事務所 
    電話:0573−82−2111 
    自治体HP:http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/
  • 岐阜県 下呂市根尾の滝 ●詳細データ   http://www.gandate.com/がんだて公園を起点として徒歩20分程度で周遊できる「滝めぐり遊歩道」が整備されています。エメラルドグリーンの滝壺と大渓谷の中を縫う様に整備された遊歩道は迫力満点です。 歩道上では3つの滝を眺める事ができます。
    お問合せ先:下呂市役所
    担当課: 観光商工部 観光課
    電話:0576−24−2222(代) 
    自治体HP:http://www.city.gero.lg.jp/kankou/

    お問合せ先:NPO飛騨小坂200滝
    電話:0576-62-2215
    自治体HP:https://www.osaka-taki.com/
  • 三重県 名張市赤目四十八滝日本サンショウウオセンターでは、渓流にしか生息しない希少なオオサンショウウオなど個性的な姿や生態をじっくり観察することができます。赤目生まれのオオサンショウウオをはじめ、8種類約50匹のサンショウウオを展示しています。
    お問合せ先:三重県名張市 
    担当課:観光交流室 
    電話:0595-63-7648 
    自治体HP:http://www.city.nabari.lg.jp/
  • 山形県 鶴岡市七ツ滝●詳細データ   http://www.tsuruokakanko.com/cate/p0137.html 滝の見える高台一帯は「七ツ滝公園」として整備され、遊歩道も整備されています。
    お問合せ先:山形県鶴岡市 
    担当課:山形県鶴岡市朝日庁舎産業課 
    電話:0235-53-2111 
    自治体HP:http://www.city.tsuruoka.lg.jp/
  • 宮城県 蔵王町三階の滝【滝見台】
    蔵王エコーラインの途中、標高およそ700mのところにある展望台で、細く3段に流れる「三階の滝」、蔵王山中の瀑布で最大規模の「不動滝」、昔、登山者が安全祈願として建立した地蔵さんに由来する「地蔵滝」が一度に眺められる絶好のビュースポットです。雪解けで水量を増した川が勢いよく流れ落ちる様は、圧巻の一言です。
    お問合せ先:宮城県蔵王町 
    担当課:宮城県蔵王町役場農林観光課 
    電話:0224−33−2215 
    自治体HP:http://www.town.zao.miyagi.jp
  • 茨城県大子町袋田の滝●詳細データ   http://www.daigo-kanko.jp/ 袋田の滝観瀑トンネルは、長さ276m、高さ3m、幅員4m、奥には観瀑台を設置し、更には吊橋への通路を作るなど、お子様からお年寄りに至るまで素晴らしい滝を安全に観賞できるように工夫されております。
    ●第1観瀑台
    この観瀑台から間近に見る袋田の滝のスケールの大きさはまさに絶景です。
    流れる水の迫力を肌で感じてください。
    ●第2観瀑台
    平成20年に新しくオープンした観瀑台です。
    袋田の滝の最上段を望むことができ、ここから見る景色は絶景です。
    【トンネル利用料】大人300円、子供150円
    お問合せ先:大子町役場 
    担当課:観光商工課
    電話:0295-72-1138
    自治体HP:http://www.town.daigo.ibaraki.jp/
  • 秋田県 小坂町七滝道の駅「こさか七滝」内にある滝の茶屋「孫左衞門」は、日本の滝百選「七滝」を眺めながら、食事や休憩が楽しめます。
    お問合せ先:秋田県小坂町 
    担当課:秋田県小坂町役場 産業課 観光商工班 
    電話:0186−29−3908 
    自治体HP:http://www.town.kosaka.akita.jp/