ほれ、これがシャコタンブルーだぁ! 島武意海岸

 島武意海岸は、北海道遺産に指定される積丹半島の先端部、ニセコ積丹小樽海岸国定公園にあり、「道央一の秘境」といわれるほど豊かな自然に恵まれ、昭和47年に海中公園地区にも指定されています。
透明度が高く奇岩の並ぶ海からは岩盤がのぞき、ビョウブ岩のある入り江に波が打ち寄せるさまをいつまでも見ていたくなります。
近傍にそびえる女郎子岩は、海面から突き出した高さ約14mほどの奇岩で、和服を着た女性の立ち姿のようにも見えます。
源義経が奥州から逃れ、このあたりに身を潜めたとき首長の娘と恋仲になったがやがて義経は彼女に別れも告げずに立ち去ってしまい、悲嘆にくれた娘は海に身を投げこの岩になったという伝説があります。

← もどる


極楽浄土を想わせる「浄土ヶ浜」

 「浄土ヶ浜」は、石英粗面岩から成る白く連なった岩礁に松の緑と海面の青が織り成す色のコントラストが美しく、まさに「渚百選」にふさわしい海岸です。
「浄土ヶ浜」の地名は、300余年前、この地を訪れた霊鏡竜湖和尚が「さながら極楽浄土の如し」と感嘆したところから名づけられたものです。
岩手を代表する景勝地として、昭和29年に岩手県の名勝に指定され、翌30年には、当地を含む北は久慈市から南は宮城県気仙沼市までの海岸一帯が国立公園に指定され現在に至っています。周辺には県立水産科学館、レストハウスや観光船の発着所、ホテルなどが整備され年間を通じて観光客で賑わっています。
目前には白い小石の渚が広がり、夏は海水浴場として賑わうほか、春の「浄土ヶ浜まつり」や秋の「秋刀魚づくし」のイベントに加えて最近はヨットやシーカヤックを体験できるイベントも開催されるなど、さまざまな海の幸の味わいや海洋レジャーが楽しめます。

← もどる


碁石海岸

 陸中海岸国立公園南部を代表する景勝地「碁石海岸」は、延長約6qの美しい海岸線の総称です。南に位置する「碁石浜」には、碁石のような丸くなった黒い玉砂利が浜辺一面に敷き詰められ、その昔仙台藩の伊達公に献上したことからその名がついたと伝えられています。
碁石海岸の代表的景勝地の一つ「穴通磯」は、岩の基底部に海水の浸食によってできた洞門が三つあり、この穴を小型の観光遊覧船で通り抜けることができます。また、雷に似た音をだす「雷岩」は、平成8年に「残したい日本の音風景百選」に選ばれています。約4qの遊歩道は、平成16年度に「美しい日本の歩きたくなる道500選」に選ばれ、雄大な自然の造形美を間近に楽しむことができます。
碁石海岸は、昭和62年に「日本の白砂青松・百選」、平成8年には「日本の渚・百選」に選ばれており、年間60万人を超える観光客が訪れています。

← もどる


まだ見ぬ秘境 「茶釜の滝」

 鹿角市八幡平にある夜明島渓谷は、手つかずの自然が織り成すかけがえのない資源です。この渓谷の最深部に位置するのが日本の滝百選「茶釜の滝」です。登山口から渓谷を伝って歩くこと3時間、最後はハシゴを登ってようやく辿り着くと、目の前に落差100mの姿を現します。人を寄せつけない自然の厳しさを感じさせ、神秘的で引き込まれるような温かさも合わせ持つ名瀑です。
滝百選の中でも、容易に足を踏みいれることができない、言わばまだ見ぬ秘境がここにあります。それゆえに、ひとたび目の当たりしたときの感動、想いがいつまでも心に残ります。この貴重な資源を観光に結びつけるため、地元住民、観光関係者、市が一緒になって登山ルート整備や手づくりの探勝ツアーが行われていますが、それに携わる人々の源はこの感動であり、想いです。地域の人々の誇りと愛着が詰め込まれた、この“まだ見ぬ秘境”が、厳しくも、温かく、訪れる人を心待ちにしています。

← もどる


棚下不動の滝

 赤城山の西斜面が利根川に切れ落ちる赤城町棚下に「雄滝」と「雌滝」の二つの不動滝があります。雄滝の落差は37m。雌滝は遠くから見上げるだけで近づけませんが、雄滝へは遊歩道があり、滝の裏側まで登ることができます。ときには落水に打たれる修験者の姿も見られ、霊験あらたかな場所とされています。近くに不動堂もあり、あたりには神秘的な雰囲気がただよいます。この棚下不動の滝のある渋川市赤城町には、観光スポットがたくさんあり、シーズンには多くの観光客で賑わいます。
  農業が主力産業の赤城地区は観光農園が盛んで、イチゴ(1月上旬〜6月上旬)、サクランボ(6月中旬)、ブルーベリー(6月下旬〜8月上旬)、イチジク(9月上旬〜10月下旬)、リンゴ(9月上旬〜11月下旬)と多くの種類のフルーツ狩りを楽しむことが出来ます。また、渋川市内は温泉施設が多く、滝から車で約10分の距離には日帰り温泉施設「ユートピア赤城」があるほか、名湯と謳われる伊香保温泉もあり、旅の疲れを癒す人々が訪れます。

← もどる


日本の森・滝・渚全国協議会 会報
「百選賛美」創刊号

-編集・発行- 日本の森・滝・渚全国協議会
〒743-8501 山口県光市中央6丁目1番1号
日本の森・滝・渚全国協議会 事務局(山口県光市役所 環境政策課内)
TEL(0833)72-1400 FAX(0833)72-5943
-発行日- 
平成20年3月